学習の進め方

  1. トップページ
  2. よくある質問と回答

よくある質問と回答

>> 通信制高校の入学・転校

1.通信制高校に入学できる年齢制限はありますか?

中学校又はこれに準ずる学校を卒業の人、又は、中学校を卒業した人と同等以上の学力があると認められた人であれば、入学可能です。
そのため、中学校を卒業したばかりの15歳から70歳を越えるの人までさまざまな年齢の人が在籍しています。

2.すでに高校を卒業していますが、通信制高校に入学できますか?

原則すでに高校を卒業している人は入学できません。しかし聴講生(科目履修生)として勉強することができる学校もありますので、各学校にご相談ください。

3.通信制高校は県外でも入学できますか?

本校は広域制通信高校であり、なおかつ募集区域に自分が住んでいる県が該当していれば入学可能です。

4.健康に不安がありますが入学できますか?

通信制高校は自学自習が基本のため自宅で学習できるようであれば入学することが可能です。スクーリングも放送視聴で軽減できるため、学習しやすい環境になっております。

5.通信制高校には入学試験はありますか?

新入生の場合、国語、数学の学力テストがあります。また、書類選考、そのほかは作文と面接を実施しております。
転入生・編入生の場合、書類選考、そのほかは作文と面接を実施しております。

6.現在他の学校に通学していますが、通信制高校に転校できますか?

一般的に転入、編入可能です。随時募集をしておりますので、お問い合わせください。

◆ 転入、編入の違いは?
転入学とは、現在、他の高校に在籍している生徒が、入学(転入)してくることをいいます。一方、編入学とは、すでに他の高校を中途退学した生徒が、入学(編入)してくることをいいます。

7.高等学校を中途退学していますが、通信制高校に入学できますか?

編入学となり、前に在籍した高校で修得した単位は引き継ぐことが可能です。

8.通信制高校の編入って大変?

編入や転入では以前通っていた高校の単位を移行することもできます。編入試験として、面接や作文などありますが、あなたの現状を学校側が知る試験なので、リラックスして臨んでください。

9.不登校でも通信制高校に通えますか?

本校は様々なタイプに対応した学校です。
その中に不登校や引きこもりの生徒の対しても、週2,3日~の通学をし、レポートに準じた学習もできます。今まで不登校だったけれど、学校に通いたい、友達を作りたい、高卒資格を取りたいといった方でも通学することが可能です。
本校で不登校を克服した生徒さんもたくさんいるので、少しでも興味のある方は説明会や相談会などに参加されることをお勧めします。

↑このページのトップへ

>> 通信制高校のシステム

1.通信制高校と全日制高校の卒業資格に違いはありますか

ありません。
通信制高校、全日制高校、定時制高校とも高校卒業資格は同じです。

2.通信制高校ってどれくらいのペースで通学するの?

通信科では集中スクーリングタイプで、前期(4月~9月)に一度、後期(10月~3月)に一度、一年を通して1週間程度、相生本校に通学する必要があります。

3.単位制とはどういう制度ですか?

一つひとつの科目についての学習成果を評価するもので、教科書とテキストなどの副教材を使って学習し、定期的にレポートを提出し、単位認定試験を受験します。 その年に選択した教科・科目が修得できない場合は翌年に履修することもできます。
つまり1年次の単位を落としたから2年次に進級できず、留年になるということはありません。修得単位数を卒業単位数まで積み重ねて卒業することになります。卒業単位数は74単位です。

4.前期・後期制とはどういう制度ですか?

前期・後期制では、学期ごとに単位を認定していきます。つまり学期ごとに入学・卒業ができます(年2回ずつ行われることになります)。春が4月、秋が10月スタートとなります。

5.通信制高校の「レポート」とはなんですか?

通常は自宅で学習し、学校が定めた回数のレポートを提出し、添削指導を受けます。
教科書で勉強し、与えられた課題をレポートにして郵送していただきます。 科目により提出回数が決まっており、提出しなければ単位認定試験を受けることができません。また、レポートの内容が合格基準に達していない場合は再提出の指示があります。

6.レポート作成時に解らないことがあったらどうしたらいいの?

レポートを作成していて解らないことがあった場合、スクーリング以外でも登校して先生に質問することも可能です。

7.通信制高校はどうすれば単位が認定されますか?

1, 規定回数以上のレポートを提出し合格すること(視聴報告書含む)
2, 規定時間数以上の面接指導(スクーリング)を受けること
3, 定期試験を受け一定の成績を修めること
以上が単位認定に必要になります。

8.高卒認定で合格した科目は単位認定されますか?

修得単位数の上限はありますが、高等学校の科目に読み替えられて認定いたします。

9.通信制高校に留年ってあるの?

本校は単位制を採用しています。留年という考え方はありません。但し、必修科目をすべて単位修得、または履修認定をされていなければ卒業することはできません。

10.通信制高校はどうすれば卒業できますか?

1,通算で在学年数は3年以上であること
2,必修科目はすべて単位修得、または履修認定をされていること(修得単位数が74単位以上必要です。)
3,特別活動時間30時間の出席時間数

◆「特別活動」とは
入学式や卒業式など儀式的行事やホームルーム、体育祭などの学校行事に3年間で30時間以上の参加が卒業条件となっています。

11.通信制高校は卒業後が心配なんですが・・・?

通信制課程は全日制や定時制と同じ卒業資格を取得することができます。通常卒業証書には課程は記載されていません。進路指導は行っていますし、大学へ推薦入学もあります。 自分の夢や目標に向かって専門学校へ進学している先輩たちも多くいます。
通信制高校が不利だというよりも、通信制高校でいかに学び、いかに成長するかが、将来の夢への近道ではないでしょうか。

12.通信制高校は何年在籍できますか?

在籍年数の6年です。目標に合わせて学習計画を立ててください。

13.通信制高校から大学進学を目指すのは難しいのでしょうか?

大学への進学は全日制でも通信制でも関係ありません。努力次第で大学合格も目指せます。

14.通信制高校は勉強とやりたいことの両立は可能?

本校ではレポートを中心に学習を進め、全日制よりも通学日数が少ないため、時間を有効活用することができます。習い事やアルバイト、趣味などを充実させたい方には最適な環境が整っています。

15.勉強に自信が無いんだけど、通信制高校はサポートしてくれるの?

本校では、まずレポートを中心に学習を進め、中学校の復習から勉強するコースもあるので、無理なく学力向上を目指すことができます。

16.高卒資格以外の資格は取れますか?

調理師コースを選択していただければ、高校卒業の資格と調理師の資格を同時に取得するのも夢ではありません。現場で実際に活かせるノウハウを直接身に付けることも可能です。
将来の夢が決まっている、特定のことに興味があるといった方はもちろん、まだ高校卒業後の目標が決まっていない、何に興味があるか分からないといった方もチャレンジできる内容になっているので、将来の可能性を広げることも可能です。

↑このページのトップへ

>> 通信制高校の学校生活

1.通学定期券は買えますか?

通学定期券が購入できるかは、バス会社・鉄道会社によって異なりますのでお問い合わせをお願いします。

2.奨学金を受けることはできますか?

通信制高校も全日制などと同様にさまざまな奨学金制度を受けることができます。各自治体の奨学金制度を利用することも可能です。
また日本学生支援機構でも奨学金制度が実施されていますので、お問い合わせください。

3.制服や校則ってないの?

通信制高校は制服がない学校が多いのは事実です。しかし制服を希望している生徒や保護者の方もいるので、制服着用を推奨しております。 服装や校則においては高校生らしく、常識が求められるのは通信制高校も同じです。

4.クラブ活動ってあるの?

テニス、ボクシング、サッカー等のクラブがあります。

5.年間イベントを教えてください


通信制高校も入学式や卒業式を始め、全日制と変わらぬ行事、イベントがあります。ぺーロン競争や農業体験、また漁業体験ができたり、通信制高校ならではのイベントも開催されます。

6.通信制高校って友達できる?

確かに通信制高校は登校日が少なく、友人が作りにくいと感じるかもしれません。しかし全日制と同じく行事やイベントがありますし、クラブ活動に参加すれば友人関係も広がるでしょう。

7.通信制高校は先生に勉強や進学について相談できますか?

本校では先生に相談できる環境が整っている学校です。ご連絡の上、なんでも相談を受け付けております。

↑このページのトップへ

入学説明会・個別相談など、いつでもお気軽にお問合せください。 相生学院高等学校 東京校 お気軽にお問合せください tel 06-6881-6644

通信制高校|相生学院高校のfacebook

キャンパス案内

  • キャンパス一覧
  • 東京校(TEL:03-6382-6737)
  • 池袋校(TEL:03-5950-9821)
  • 文京白山校(TEL:03-5940-0411)
  • 相学テニス部特集
  • 相学サッカー部特集

相生学院本校サイト

ページの先頭に戻る